妊娠検査薬ってどれくらいの確率で当たる?

妊娠検査薬についての質問を頂く機会が多いのだけれども
その中でも特に多いのが「妊娠検査薬の当たる確率」について。

確かに妊娠したかを確かめる方法として知られる妊娠検査薬の当たる確率って気になるわよね。「できちゃったかも。。。」と思っている人は”当たる確率が低くあってください”という希望を込めてこの記事まで来たのかもしれないけど。

妊娠検査薬に込める思いは人それぞれね。
今回は大人のアダルト知識の大御所めっぽさんが『妊娠検査薬ってどれくらいの確率で当たる?』をご紹介していくわね。

妊娠検査薬の当たる確率は99%

結論から言うと、妊娠検査薬は99%当たるわ。
特に日本性の妊娠検査薬はとても質がいいから、ほとんどの確率で当たるわね。

でも、妊娠検査薬の陽性は正常妊娠を示すわけではないわ。検査結果を確認したら、なるべくはやめに病院を受診し、医師による問診、超音波検査などの結果から、総合的に診断を行う必要があるの。

正常妊娠以外で妊娠検査薬が陽性となる場合
  • 異所性妊娠(子宮外妊娠)
  • 胞状奇胎
  • hCG産生腫瘍・排卵誘発剤を使用している
  • 高度の糖尿、蛋白尿、血尿などがある場合
  • 閉経期

妊娠検査薬の仕組み

妊娠検査薬の基本的な仕組みを説明するわね。

受精卵が子宮に着床すると胎盤からhCGとよばれるホルモンが分泌されるの。このホルモンは、妊娠したときに産生され、妊娠初期に重要なはたらきをしているわ。

hCGは、受精卵が子宮に着床後から分泌がはじまり、生理予定日から1週間経った頃(妊娠5週)には、妊娠検査薬が十分反応する量が産生されるの。

hCGは、尿中に排出されるため、妊娠検査薬は、尿中のhCGを検出することで反応を示します。一般的な妊娠検査薬が生理予定日1週間後からとなっているのは、hCGが多く分泌されるのが生理予定日から1週間経った頃になるためね。

妊娠検査薬の基本的な使用方法

妊娠検査薬といっても、様々な会社から販売されており、多くの種類があるの。

各社の使用説明書をみて、適切な時期に正しく使用することが重要になるわね。
妊娠検査薬は、市販薬として、薬局、ドラッグストア、ネットで購入することができます。

一般的な妊娠検査薬は、生理予定日から約一週間後から使用するわ。

中には、生理予定日、一週間後以前から使用できるもの、早期妊娠検査薬といわれるものもあるわ。妊娠検査薬の所定の位置に、尿を数秒間つけ、約1分程度待ちます。すると検査薬の判定窓にラインが現れ、陽性の判定が分かるの。

デジタル版の検査薬だと、陽性「+」陰性「-」と表示されるわ。アナログ、デジタルどちらが良いかは、好みね。

妊娠検査薬って、どれくらいの確率で当たる?

最新情報をチェックしよう!
>最強のアダルトグッズサイト

最強のアダルトグッズサイト

本当に多くの女性の方にアダルトグッズを楽しんで頂きたいと思っています。女性はホルモンの関係上性欲を満たすことによって肌が綺麗になったり、体内環境が良くなったりまします。

多くの女性にアダルトグッズを楽しんで頂くために、おすすめのアダルトグッズのサイトをご紹介したいと思います。こちらのサイトは、他サイトと比べて値段も安く、しかも1万点以上ラインナップがあります。また、郵送時に受け取った人が中身が分からないように包装の工夫もされているため、気軽にご自宅宛に郵送することも可能となっています。

私自身も実はこちらのサイトでアダルトグッズをご購入させて頂いています^^

CTR IMG